> 売却と税金

マンションを売った際の税金について知っておく

マンションを売った場合の税金について気になる方が多いのではないでしょうか?基本的には売った際の売却益は譲渡益として決められた税率で所得税や住民税として課税されます。

マンションを売る場合、売却したすべての額が手元に残るわけではありません。媒介契約を結んだ不動産会社に仲介手数料などを支払う事はわかっている方も多いかと思いますが、それとは別に税金も支払う必要があります。上記で少し言いましたが、譲渡して利益が発生した場合は所得税や住民税を支払う事になります。

ただし、控除であったり税金を支払う必要がないケースもあります
分かりやすく説明していますので、是非下記で紹介する記事をお読みください。税金に関しては必ずある程度知識を入れておきましょう。

売却しても税金がかからないケース

マンションを売ると、売却したお金が入ってくるのでそのお金に対する税金がかかってくるのですが、
実は税金がかからないケースというのも存在します。どういった時に税金がかからないかを分かりやすく説明しています。
もしもこれからマンションを売ろうと考えている方は一通り読んでみて、
所有不動産の販売計画、販売予定価格などと照らし合わせて税金について計算してみましょう。

特別控除、特例について知っておく

通常、マンションを売った場合に譲渡益がある場合は税金がかかります。

決められた税率で課税されるのですが、特例というものが存在します。特例を利用する事で支払う税金を軽減することができます。
色々と条件があるので、すべての方が特例を利用できるとは限りませんが、特例が利用できる可能性があります。
目を通しておくと良いかと思います。

難しい税金のはなし。一度読んで知っておくだけでもメリット

税金のはなしは難しいと考えて、自分自身で調べない方もいますが、ある程度は自分で理解しておくとよいでしょう。
なぜかと言うと、知らなかったとしたら税金を軽減できるのにそのままの税金を支払う事になります。

せっかくなるべく高く売ろうとしているのに、税金の事を考えてなくて、たくさん支払うのはもったいない気がします。
また、違法な事をしているわけではなく、決められている制度を利用するわけなので、使わないともったいないですよね。

それでも不安な方は、不動産会社に税金の相談をしてみるのも一つの方法です。
また、オンライン査定を利用する時に、税金の相談も受け付けている不動産会社があるので、一緒に申し込んでみるのも手です。