> 売却の流れ

初めてのマンション売却! 流れを理解して賢く売る。

マンション売却を検討しているときには売却完了までの流れを把握しておくことが大事です。
おそらくほとんどの方は初めてかと思いますので、流れを知っておくことで、
準備ができるかと思います。

  • 売却の前に状況・状態を整理しよう
  • 売却完了までの流れ

売却の前に状況や状態を整理しよう

さてマンションを売ろうかと考えている方、今後の為に流れを知っておこうと思っている方がこのページを見ているかと思います。

まず必要な事は売ろうと思った動機・目的をはっきりさせるところからはじめましょう。もしかすると売らない方が良いという結論に達することもありますし、現在の状況を把握する事が大切となります。売却の目的と言ったら、新しく良い物件が見つかって住み替えだったり、住宅ローンの返済がきつくて売却検討であったり、相続、転勤、また子供が大きくなってきたので、広い家の購入を検討したりなど、様々な目的で売却を考えます。

どうして目的をはっきりさせるかと言うと、目的があいまいな場合、中途半端な形で売りに出すので失敗する可能性が高くなるからです。不動産によっても異なりますが、売ることが難しい場合も多々ありますし、住み替えなどの場合であればいついつまでに売らないといけないなど、期間的な制約もでてきたりします。簡単に動けない場合もあるんです。なので、ある程度ですが、
売る事についてイメージをはっきりさせておくことが重要なんです。

下記に売却の流れを説明していますので、検討を始めたところから売却までの流れを一通り掴んで参考にしてもらえればと思います。

売却完了までの流れを知っておく

STEP1情報収集

すぐに売却を考えるのではなく、まず情報収集をしましょう。

同じマンション内での売り出している物件がないか?あった場合はどのくらいの販売価格で出ているか?
また、近所で同等のマンションが売り出されてないか等の情報を見つける事で相場がある程度見えてきます。

相場を知る事で売却のシナリオを作りやすくなります。

STEP2不動産会社を探す

情報収集してある程度相場が分かった後は、信頼できる不動産屋を探します。

どの不動産屋に頼むかどうかで今後スムーズに売却まで辿り着くかが決まってきます。
近所の不動産屋、知り合いの不動産屋、マンションに投函されるチラシに載ってる不動産屋さんなど、
不動産屋の情報を収集しましょう。

STEP3マンションの査定を依頼する

不動産会社の情報収集が出来たら、不動産屋に査定を依頼します。

探した不動産屋に依頼するのも方法の一つですが、幅広く査定を依頼したい場合は
オンラインでのマンション一括査定を利用するのがおすすめです。

一度に複数の不動産会社に査定依頼が可能なので大変便利です。
査定には2種類あって訪問査定と簡易査定(机上査定)とあるので状況に合わせて選びましょう。

訪問査定
訪問査定とは不動産会社に実際に所有不動産を見てもらって、その上で立地であたり、
不動産の良さなどを確認して、過去のデータの活用などして査定してくれる査定方法です。
簡易査定(机上査定)と比べると正確な査定額となります。
簡易査定(机上査定)
簡易査定の場合は入力してもらった情報をもとに、過去のデータ、近隣の状況などと照らしあわせた上で査定を行います。
実際に不動産を確認している訳ではないので、幅を持たせた査定となります。

STEP4不動産会社に仲介を依頼

査定結果を元に仲介を依頼する不動産会社と媒介契約を結びます。
契約の種類については、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約と3種類ありますので、
その中から、自身の売却計画と照らし合わせて契約しましょう。

専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約にいては
一般契約がいい?専任契約がいい?専属専任契約がいい?」で詳しく説明しています。

STEP5売り出し開始

不動産会社の査定価格、近隣の同等物件の販売価格、これまでの売却価格などを加味して
売り出し価格を設定してください。売出し価格はとても重要です。売れるかは別にして始めから
低い価格設定ではなく、条件を加味した上で売りたい販売価格を設定しましょう。

売出し価格で一定期間売れなかった場合、価格を下げていく事になります。
最初に設定する価格が低いとさらに売却価格が低くなりますので注意が必要です。

STEP6内覧希望者の案内

マンションを気に入った方から内覧の希望がきます。マンションを実際に見せて気に入ってもらえたなら購入希望者と条件の交渉に入ります。

注意点としては内覧に来るという事は見てみたいと思ったという事ですので、
さらに気に入って貰うためにマンションの印象を良くする必要があります。

臭いであったり、水周りを気にする方が多いので最低限、喚起をしたり、掃除はしておきましょう。

STEP7購入希望者と売却条件の交渉

内覧して物件を気に入った購入希望者と売却条件の交渉を行います。

交渉については仲介を依頼した不動産会社が行うのですが、
不動産会社からおそらく価格の交渉があると思います。購入希望者からの値下げ交渉です。
売主はその条件を飲むか飲まないかを決める必要があります。とても難しい選択かと思いますが、
値下げした額で売却したくない場合は断った方が良いかと思います。

もちろん不動産会社の営業担当者の意見も聞いた上ですが。

STEP8売買契約

売主・買主で納得いく条件が整ったら、次は売買契約を結びます。

仲介を依頼した不動産会社を通して重要事項の説明があります。賃貸契約の時も必ずありますので聞いた事はあるかと思います。

この重要事項の説明ですが、後々トラブルにならないように物件についてと取引条件についての説明があります。
わからない事があれば質問するなどして、疑問点を解消してから契約をしましょう。

STEP9不動産の引渡し

売買契約後、権利関係などの手続き、登記簿の変更、抵当権抹消など
スムーズに進むように準備しておきます。

売価物件の最終チェックを行い、問題が無ければマンションを引き渡しができます。
購入者に鍵を渡して売却完了となります。