> > 適正価格で売却を開始する

売出し価格は適正価格で! 損する前に一度確認!

物件の価値を知る事が大事!でも少し言いましたが、マンション売却は物件の価値を知って
適正な額で売出す必要があります。

適正価格での売却が重要な理由

  • 高く設定しすぎても売れない。
  • 安くし過ぎても売れない
  • 不動産会社が決めた設定金額を鵜呑みにして損する可能性がある
マンション売却が得意な不動産会社かどうか
当然ですが、相場に比べて高すぎる設定金額で売出しはじめている場合、なかなか売れないでしょう。
それぞれ価値観が違うため、売出し価格でも購入を検討する方もいるかもしれませんが、他の物件も見て
比較して決めるわけなので、よっぽど他の物件よりもインパクトのあるメリットがない限り、売却は難しいです。
確かに高く売れた方が良いので気持ちはわかりますが、不動産会社の担当者と相談して高く設定したとしても
許容範囲内で売出すことをおすすめします。
安くし過ぎても売れない
安くすれば売れるでしょ?と思ってしまいますが、安すぎた場合は逆に怪しんでしまいます。
確かに買い手からすると出来れば安い方が良いのは当然ですが、安すぎた場合、何かある物件なのか?
もしかして…。など不安になってしまいます。もちろん物件が古かったり、グレードが落ちるので
安い価格にすると言う事はあるかと思いますが、売出し価格については慎重に価格設定をした方が
良いでしょう。
安くしてでもいいから売却したいという場合は、買取という方法もあるので、
買取価格を査定してもらう事もできます。もしもすぐに売却する必要がある場合は価格は安くなりますが、
早く売却が可能となります。
不動産会社が決めた設定金額を鵜呑みにして損する可能性がある
媒介契約を依頼した不動産会社に任せてる!と言う方も沢山います。確かに不動産のプロに任せた方が
安心できる部分もあるので良い事なのですが、それは信頼できる不動産会社の場合に限ります。
売出し価格の設定については、不動産会社の担当者の方と相場を見ながら相談して決めるので、
もしもその不動産会社が売り安い価格設定で相場よりも安く売出し価格を設定していたとしたら、
売れたとしても本来もっと高く売れるはずの物件を安く売って損する可能性もあります。
不動産会社からすると、時間を掛けて売っていくよりも、安くてもいいから早く売った方が良い場合も
少なからずあります。不動産会社は仲介手数料が入ればいいのですから!
なので、すべてを任せられる不動産会社を選べればよいのですが、なかなか難しいので
ある程度知識を付けた上で、相談しながら、売出し価格を設定する必要があります。

売出し価格決定の流れ

売り出し価格決定のおおまかな流れを図にしてみました。
基本的には①事前調査、②不動産会社と相談、③売出し価格決定の流れになります。

事前調査では近隣のマンションであったり、同一マンション内の他の物件、他の新築物件などを調査したり、
不動産会社数社に査定を依頼して査定見積もりを貰い、
自分なりに考えた、「これくらいなら売れる!売ってもいいかも」という価格を決めます。

次に査定を依頼した不動産会社の中から、信頼できる不動産会社を選択して売出し価格について相談します。
相談した結果、納得できたら、その価格で売出しを開始します。

注意点は、自分が納得している売出し価格かどうかです。①で自分で考えた売出し価格を設定したと思いますが、
その価格と売出し価格に差はありませんか?納得できたのであれば良いのですが、設定価格よりもだいぶ安くなっているなら
考える必要があります。本当にその価格で売却してもよいのか?勢いで売却しようとしてないか?など
冷静に考えましょう。

売却価格は冷静に考える!不動産会社が売り易い価格になってないですか?

適正価格で売却する事が重要と言ってきたのですが、まずは自分がどのくらいの価格であれば
売却しても良いのか?その価格が分からない場合はマンション一括査定などを利用して、複数の不動産会社から
査定見積もりをもらい比較した上で検討する事が大事です。

売却希望価格がある場合でも、複数の不動産会社に必ず査定見積もりは依頼した方が良いです。
売却希望価格が相場と大幅に離れている場合もあり離れすぎていると売却がとても難しくなります。

ある程度の相場を把握し自分の中での適正価格を設定して、その上で不動産会社と
相談して売出し価格を決めましょう。

もしも自分で設定した価格に不動産会社が「その価格では売れない」等と
言われた場合には、売れない根拠を聞いてみてください。不動産の価格はタイミングなどによっても上下しますし、
人によっても上下します。

適正価格があって、無いようなものです。

そのため現在での取引状況などを加味して適性価格を説明してくれる不動産会社でないと媒介契約は依頼しない方が
良いでしょう。確かにこれまでの売却事例などを参考にして適正価格を決定するのですが、時代が変われば
価格も変わりますし、築年数が増えれば価格も下がってきます。十分に話しあった上で決定しましょう。