> > 最低でも3ヶ月以上前から準備する

マンションが売れるまでの期間は3ヶ月~6ヶ月はみておく

マンションの売却は購入希望者が物件を気に入り購入まで至る必要があります。
売却期間については1ヶ月で売却できる場合もあれば、1年など期間がかかる人もいます。

「どれくらいで売却できる?」と聞かれると、どの不動産会社でも何かしら目安となる
期間は教えてくれるかと思いますが、実際の所、「物件による」というのが本音です。
物件によって価格も立地も設備も違いますし、その上、購入者とのタイミングもあるからです。

売却までの期間がわからないのにどうやって販売計画をたてるの?

確かに売却期間の目安がないと計画が立てずらいですよね。
実は大体の目安があって、3ヶ月~6ヶ月みておくと良いです。

上図は大体の期間的な流れを説明した図です。
事前調査(~1ヶ月程度)、物件公開~(半月~3ヶ月)、契約から引渡し(1ヶ月半~2ヶ月)かかります。
幅があるので準備期間や不動産会社の営業で買い手が早く見つかれば、3ヶ月程で売却が可能です。

注目してほしいのが、上図を見てもらうとわかる通り、実は買い手が見つかってからも時間がかかります
購入者さんは平日働いている場合も多く調整をつけにくく不動産会社との日程調整に時間がかかったり、
住宅ローンを組んだりなど、最低でも1ヶ月半~2ヶ月くらいはみておいた方がよいでしょう。
意外と時間がかかるので、買換え予定の方などは計算して余裕をもって準備しなければいけません。

希望の売出し価格で売却できるのは3ヶ月以内と思った方がいい!

売出し価格は不動産会社と相談して決めた販売開始価格ですが、その価格で売れるのは
3ヶ月以内と思っておいた方が良いでしょう。必ずしも3ヶ月たってから売出し価格で
売れないといった事はありませんが、3ヶ月以上残っている物件は売りづらい傾向にあります。

少し考えてみてください。賃貸の場合で考えると分かり易いのですが、賃貸物件を探す時に
ネットなどを利用するかと思います。その時に3ヶ月前に見た物件がまだ残っているとしたら、
どのように思いますか?まだ借主が見つかっていないのでは?と思ったりしますよね。

マンションを売る場合でも同じことが言えて、長い期間残っていると
「まだ見つかってない理由は何?」「もしかして何かある物件?」等、そういった感情が少なからず誰にでも芽生えます。
気にしない方もいるかもしれませんがその時点で見込みのある購入希望者は少なくなってきます。

そのため、納得価格で売却するためには3ヶ月以内に売れるように営業活動する不動産会社さんに頑張ってもらう必要があります。
内覧の申込みも少なくなってくるので、不動産会社と密になる事が大事です。
もしも、売却できない場合は最終的に販売価格を下げていく事になります。

売却する時のイメージを明確に?

3ヶ月以上前から準備すると説明してきたのですが、
重要な事は期間というよりも売却のイメージがはっきりできているかどうかです。
「いついつまでに売却したい。」「いつまでに売却しなければいけない。」「高く売れるなら売ってもいい。」
「安くてもいいので売りたい。」など様々な状況で売ることを考えている方がいます。

・最低この価格なら売ってもいい
・何月何日までに売る

などイメージを明確にしておきましょう。
どうしてかと言うと、仲介をお願いする不動産会社に相談する際に
イメージを明確に伝えることで販売計画が立てやすくなるからです。

・売却の目安は3ヶ月~6ヶ月
・売却イメージを明確にする

売却までの期間の目安は3ヶ月~6ヶ月です。早くても3ヶ月くらいはかかるので予め計算しておきましょう。

特に、急いで売却しなければいけない理由がある方はシビアに考えておかなければいけません。売却期間については幅がありますが、
物件次第、タイミング次第という部分もあります。

媒介契約を結ぶ不動産会社にこれまでの事例などを聞いたり、自分で調査などして、
その結果から、いつまでに最低許容価格いくらなら売却するなど明確に決めておくと良いですよ。